Publications

Journal

  1. 高橋柊, 菊地悠, 落合桂一, 深澤佑介: (推薦論文)希少性および影響力に着目したマイクロブログからの犯罪関連投稿抽出, 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.8, pp.1376-1386, 2017.
  2. 落合桂一, 山田渉, 深澤佑介, 菊地悠, 松尾豊: Twitter投稿文章とプロフィール情報を用いたPOI公式アカウント分類手法, 情報処理学会論文誌:データベース(TOD)Vol.9, No.2, pp.11-22, 2016
  3. 山田渉, 菊地悠, 落合桂一 ,鳥居大祐 ,稲村浩 ,太田賢: マイクロブログを用 いたイベント情報抽出技術. 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.1, pp.123-132, 2016.
  4. 落合桂一, 鳥居大祐:時間変化する特徴語によるマイクロブログ地名曖昧性解消,情報処理学会論文誌:データベース(TOD) Vol.7, No.2, pp.51-60, 2014.
  5. Takao Makino, Koichi Takase, Keiichi Ochiai, Norimichi Tsumura, Toshiya Nakaguchi, Nobutoshi Ojima: Computational Lighting Reproduction for Facial Live Video with Rigid Facial Motion, Journal of Imaging Science and Technology 55(1): 010503-1 – 010503-7 (2011)

Book

  1. 「人工知能学大事典」第17章 ソーシャルコンピューティング(担当編集委員:松尾豊)17-15:位置情報とその利用. pp.1238-1239, 共立出版, 2017.

International Conference

  1. Keiichi Ochiai, Yusuke Fukazawa, Wataru Yamada, Hiroyuki Manabe, Yutaka Matsuo: “Pokémon Go Influences Where You Go: Analyzing the Effects of Location-based Services for Location Prediction.” Asian CHI Symposium: Emerging HCI Research Collection in ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI) 2018. Montréal, Canada.
  2. Wataru Yamada, Hiroyuki Manabe, Hiroyuki Hakoda, Keiichi Ochiai, Daizo Ikeda. CamTrackPoint: Pointing Stick for Mobile Device Using Rear Camera. Ubicomp 2017 Demo.
  3. Wataru Yamada, Haruka Kikuchi, Keiichi Ochiai, Shu Takahashi, Yusuke Fukazawa, Hiroshi Inamura, Ken Ohta. Multi-label categorizing local event information from micro-blogs. Proceedings of The Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), pp.86-91, 2016.
  4. Keiichi Ochiai, Daisuke Torii, Yusuke Fukazawa, Yutaka Matsuo. Fast Spatial Twitter Search Method Using Location Adaptive Range Query. Proceedings of The Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), pp.51-52, 2016 (Best Poster Award).
  5. Shu Takahashi, Akihiro Kawana, Keita Yokoyama, Akiya Inagaki, Keiichi Ochiai, Tsukasa Demizu, Toshiki Sakai, Toshiaki Sugimura and Yusuke Fukazawa. Prediction of Research Impact. KDD Cup 2016, Workshop on ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (Finalist).
  6. Wataru Yamada, Daisuke Torii, Haruka Kikuchi, Hiroshi Inamura, Keiichi Ochiai, Ken Ohta. Extracting local event information from micro-blogs for trip planning. Proceedings of The Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2015), pp.7-12, 2015.
  7. Keiichi Ochiai, Norimichi Tsumura, Toshiya Nakaguchi, Yoichi Miyake: “Efficient acquisition of light transport based on separation of direct and global components,”
    SIGGRAPH ASIA 2009, Poster, Yokohama, Dec, 2009.
  8. Keiichi Ochiai, Toshiya Nakaguchi, Norimichi Tsumrua, kimiyoshi Miyata, Yoichi Miyake: “Efficient acquisition and rendering of transparent and refractive objects using quotient image,” Proceedings of SPIE, Vol.6805, San Jose, USA, Jan., 2008
  9. Takao Makino, Norimichi Tsumura, Koichi Takase, Ryusuke Honma, Keiichi Ochiai, Nobutoshi Ojima, Toshiya Nakaguchi, Yoichi Miyake: “Computational Lighting Reproduction for Facial Live Video with Rigid Facial Motion,” ACM SIGGRAPH 2007, Poster, SanDiego, U.S.A., August, 2007.
  10. Maki Yokoyama, Takahiro Takiguchi, Keiichi Ochiai, Norimichi Tsumura, Toshiya Nakaguchi, Yoichi Miyake: “Improvement in accuracy of flat-bed scanning system for spectral and glossiness recording,” 9th International Symposium on Multispectral Color Science and Application, pp.182-188, Taiwan, May, 2007
  11. Keiichi Ochiai, Norimichi Tsumura, Toshiya Nakaguchi, Kimiyoshi Miyata, Yoichi Miyake:  “Gonio-Spectral-Based Digital Archiving and Reproduction System for an Electronic Museum,” ACM SIGGRAPH 2006, Poster, Boston, U.S.A., August, 2006.

Domestic Conference

  1. 山本直樹, 落合桂一, 稲垣章弥, 神山剛, 深澤佑介. ユーザ状態推定における推定精度と消費電力の最適化. 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL), 2017-MBL-85, No.29, pp.1-7, 2017 (優秀発表賞).
  2. 高橋 柊, 落合桂一, 深澤佑介. Stacked convolutional denoising autoencodersを用いた2誘導心電図からの特徴抽出および不整脈分類. 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL), 2017-MBL-83, No.25, pp.1-6, 2017 (優秀論文賞).
  3. 霧生和樹, 落合桂一, 稲垣章弥, 山本直樹, 深澤佑介, 木本勝敏, 沖村宰, 寺澤悠理, 前田貴記, 太田順. ウェアラブルデバイスを用いた食事時の同伴者有無の推定. 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL), 2017-MBL-83, No.22, pp.1-6, 2017 (奨励発表賞).
  4. 落合桂一, 深澤佑介,松尾豊. 位置情報サービスが行動に与える影響の分析. 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL), 2017-MBL-83, No.7, pp.1-7, 2017.
  5. 落合桂一, 深澤佑介,山田渉,松尾豊. 位置情報サービスの利用状況を活用したPOI推薦手法. 人工知能学会全国大会, 2017. [PDF]
  6. 落合桂一, 松尾豊. Twitterプロフィールを用いたPOI公式アカウント抽出. 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS), 2015-DBS-162, No.10, pp.1-6, 2015.
  7. 落合桂一, 鳥居大祐, 松尾豊. 適応的な範囲設定を用いたTwitter空間検索手法. マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)2015論文集, pp. 960 – 967, 2015.
  8. 落合桂一, 鳥居大祐, 菊地悠, 山田渉. 位置情報データマイニングの取り組み.マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)2014論文集,  p.2080, 2014.
  9. 落合桂一, 鳥居大祐. 場所に関する特徴語を利用したリアルタイム地名曖昧性解消手法, 情報科学技術フォーラム(FIT2013)講演論文集, 12(2), pp.169-170, 2013.
  10. 落合桂一, 津村徳道, 中口俊哉, 三宅洋一, ラインパターン投影を用いた反射特性計測, 第12回パターン計測シンポジウム(第74回パターン計測部会研究会), pp.37-42, 2007.
  11. 牧野貴雄, 津村徳道, 高瀬紘一, 本間隆介,落合桂一, 小島伸俊, 中口俊哉, 三宅洋一, 任意照明環境下における顔の見えのリアルタイムな再現, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2007 (OPJ2007), 26aE4, 2007.
  12. 本間隆介, 牧野貴雄, 高瀬紘一,落合桂一, 津村徳道, 小島伸俊, 中口俊哉, 三宅洋一, 線光源を用いた高速小型BRDF計測装置の評価と顔への応用, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2007 (OPJ2007), 26aE3, 2007.
  13. 落合桂一, 津村徳道, 中口俊哉, 宮田公佳, 三宅洋一, 比率画像を用いた透明物体の効率的な記録と再現, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2007 (OPJ2007), 26aE7, 2007.
  14. 横山真紀, 滝口貴裕, 落合桂一, 津村徳道, 中口俊哉, 三宅洋一.  質感スキャナシステムにおける法線推定手法の評価,  2007年度日本写真学会年次大会, 講演要旨 pp.98-99, (2007).
  15. 落合桂一, 滝口貴裕, 津村徳道, 中口俊哉, 三宅洋一. パターン投影法を用いた物体の三次元形状と質感テクスチャの高精度アラインメント,  2006年度日本写真学会年次大会, 講演要旨 pp.6-7, (2006).